PICK UP

セレッソ大阪のホームタウンを盛り上げる! J1初のMaaSの実証実験を実施しました。~後編~

こんにちは、広報の森村です。

先日9月28日(土)に行われたセレッソ大阪VSガンバ大阪戦でのMaaS実証実験。今日はその後編のレポートいたします!

前編はこちらになります。

実証実験参加者には、車を駐車場にとめた後の移動手段をあらかじめ一つ選択していただいています。前編では駐車場から自転車、タクシーそれぞれ利用の様子を紹介いたしました。

今回もそれぞれ下の図に沿って紹介していきますよ!

■長居公園北東出入り口

こちらでは電動キックボード「 LUUP」(ループ)の貸し出しを実施しました。

 LUUPに関しては、長居公園〜長居スタジアム間の移動となります。

「そんな距離ないんじゃないの?」そうお考えの方、あなどるなかれ。

実証実験開始前に広報2名で実際に歩いてみましたが、15分ほどかかりました。

(体感ではもっと歩いた気がしています)

痒いところに手がとどくような、絶妙な移動手段ですね!

また、緑豊かな公園内をLUUPで疾走するのは本当に気持ちが良さそうで、ちょっと羨ましかったです。これもまた一つの「体験」と言えるのではないでしょうか。

あと皆さん乗りこなすのがすごく早くて驚いていました。

私やったら半日を要する。(確信)

■akippaブース

こちらでは移動に使用した自転車と電動キックボードの保管をしています。ブースには続々と移動を終えたサポーターが足を運びます。

試合後はこのブースで乗り物を受け取り、始めに受け取った場所に戻ります。

サポーターが移動を完了したら、いよいよサポーターお待ちかねのコンテンツ「ピッチでの選手のウォーミングアップ見学」です!

普段は客席からしか見られなかった選手の姿に、一同感動していました!

なんと言っても選手が近い!サポーターからすると本当に貴重な「体験」ですね。

また、普段は自分たちがいる客席をピッチから見ると迫力が半端ないです。選手はもちろん、観客席にカメラを向けている人も多数おられました。

こうして「移動」と「体験」を無事終えたサポーターの皆様はいよいよ試合観戦へと向かいます。

大阪ダービー、我々は観ることができなかったのですが、試合は3-1でセレッソ大阪の勝利!

実証実験の参加者は素敵な笑顔を浮かべながら、帰路についておられました。

今回の実証実験を通じて、多くの方に少しでも「こまがわ商店街」の魅力に気づいていただければ幸いです。

また将来的には、このような取り組みをあらゆるスポーツチームとともに行い、困りごと解決につなげていきたいと思います。

Special thanks!!

こまがわ商店街さま セレッソ大阪さま 大和ハウスパーキングさま ハローサイクリングさま DiDiさま Luupさま           

〜おまけ〜

ブースでの作業中、通りすがりのおばちゃんがヤクルトくれました。

青空のもと、5人の大人が試合も観に行くことなく、無言でPCに向き合う姿はさぞ不思議に見えたことでしょう。

ありがとうございました!

山分けして美味しく飲みました!

前編はこちら

森村 優香

広報

2013年4月に新卒3期生として入社。営業職で入社するも初日に「広報やってみないか」と代表の金谷に言われ断れず、以降ずっと広報を担当。特に関西では金髪広報として有名。
お酒が大好きだが、意外と23時には寝ていたいタイプ。全国の地酒制覇を目指し、47都道府県への旅行を計画中。