PICK UP

思わず誰かに話したくなるakippaの裏側「ダイナミックプライシング」のお話。

こんにちは。駐車場予約アプリ「akippa(あきっぱ)」広報インターン熊澤です。さて、早速ですが11月最後の連休はいかが過ごされましたか?

「さあ、3連休は旅行へ行こう!」と思い立ち、航空券やホテルを予約。
同じ検索サイトで調べても、日程によって価格が違う!今回はどのルートで行こうかな?
たくさんあって迷うけど、なんだかんだ迷うのも楽しい!

旅行も、パッケージツアーの時代から個人が交通手段から宿泊施設までインターネットを通じてカスタマイズできる時代になりました。リアルタイムで価格が変わる航空券にハラハラ!なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日お話しするのは、AIやビッグデータ活用の一例として最近話題の「ダイナミックプライシング」。
akippaでも駐車場オーナーさまの収益最大化をはかるため、ダイナミックプライシングを導入しています。

akippaがAIを活用したダイナミックプライシング自動化の実証実験を開始 日光企画と協力

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000130.000016205.html

今回は運用チーム プライシング担当の矢野と運用チーム マネージャーの田中に聞いた話をまとめてみました!

運用チームの田中(左)と矢野(右)

目次
ダイナミックプライシングとは?
akippaのダイナミックプライシング
日経新聞に2度も掲載!
プライシングのフローとは?
ここだけの話

ダイナミックプライシングとは?

ダイナミックプライシングとは、需給に合わせて価格を変える仕組みです。
聞きなれない言葉ですが、航空券やホテル、最近ではテーマパークや野球のチケットも繁忙期に価格を調整するなど、徐々に私たちの日常になじみつつあります。
AIや機械学習の進化により、もともとおこなわれていたものに加えて、ダイナミックプライシングを用いて価格を変動させられるサービスやモノの幅が広がっています。

ダイナミックプライシングのイメージ(年末年始の航空券の価格)

ダイナミックプライシングの代表的な事例のひとつ、航空券の値動きをしめしたものです。同じ航路でも、出発日によって最大で5倍ほどの価格変動がおこります。

akippaのダイナミックプライシング

では、そんなダイナミックプライシング、akippaではどう活用されているのでしょうか?

akippaユーザーさまの利用目的を調べてみると、イベント利用からビジネス利用まで多岐にわたっています。

特に現在はイベント会場など混雑するエリアや人気スポットを抽出し、周辺の駐車場にダイナミックプライシングを導入しています。
ダイナミックプライシングを本格導入したのは1年ほど前で、一定の効果が観測できたことから、2018年10月からは、AIを活用したダイナミックプライシングの実証実験を開始しました。
例えばプロ野球や高校野球の試合が開催される甲子園周辺の駐車場で実施したところ、10~20%の売り上げが増加しました。オーナー様の収益アップにもつながり、テクノロジーの可能性にわくわくさせられる施策です。
将来的にakippaでは今回導入したツールをはじめ、テクノロジーの力を借りてすべての駐車場価格を自動管理できる状態を目指しています。

日経新聞に2度も掲載!

実証実験開始日(2018年10月2日)には日本経済新聞さまに掲載していただきました!

駐車場シェアのアキッパ、AIで料金を自動設定

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36018680S8A001C1LKA000/

そしてなんと実証実験開始時に引き続き11月にも、シェアサービスのダイナミックプライシング導入事例として、同じく日本経済新聞さまにakippaを取材していただきました!ありがとうございます。

シェアサービス、安さから脱却へ 需要に合わせて価格を変動

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37734580U8A111C1QM8000/

プライシングのフローとは?

AIを用いた実証実験の開始に伴い、メディアに立て続けに取り上げていただきましたが、先ほどお話したようにakippaは1年ほど前から半自動でダイナミックプライシングを実施しています。
条件やイベント設定が現在より整っていなかった1年以上前は、担当者がオーナー様と個別調整しながら非常に大きなイベントのみ不定期に料金設定をしていました。ちなみに2018年11月現在、akippaの累計駐車場拠点数は24,000か所を超えています。年間を通して手動で設定するのは本当に果てしな~い作業でした。

プライシングの大まかなフロー

現在のakippaのダイナミックプライシングのフローは、スポットごとのイベント情報取得→イベント内容により人気度を一定のロジックで定義・ランク付け→施設規模//開催日(平日休日等)を加味→価格設定という流れです。
他にも細かい条件設定があるため、同じスポットでもイベントを実施するアーティストによって値段は変動します。
イベント以外の定常料金の値付けを実証実験の内容に基づき、再度、要件を整理した上で今後全国展開していく予定です。

ここだけの話

イベントといえば、夏!というイメージがあるかもしれませんが、プロ野球やサッカーのオフシーズンである11月後半~12月もさまざまなアーティストのイベントラッシュです。お気に入りアーティストのクリスマスや年末ライブに参加される方も多いのではないでしょうか?
実は「akippa独自のアーティストランキング」を社内で作成しているのですが、オリコンチャートと必ずしも一致しない結果が出るのも、意外性があって面白いところの一つです。

最後に、運用チーム矢野にプライシング業務の面白さを聞いてみました!

akippa 1!ディズニーを愛する矢野。デスクはグッズであふれています。

日ごと月ごとに特定のスポットを中心に効果検証を行っているんですが、前月と比べて売上があがっているとプライシングの効果があったとやりがいを感じます。
駐車場台数やユーザー数が日々増えているというのがもちろん一番大きいですが、想定外に売上があがるイベントがあると悔しくもあり嬉しくもあります!
ノーマークだったことへの後悔と(笑)、次回からもっと最適な価格でオーナー様とユーザー様双方が満足のいくプライシングができるのではという期待感?が一番おもしろいです!

さて今回はakippaの裏側、ダイナミックプライシングについてのお話でした。
人気の駐車場は、予約受付開始直後に埋まってしまうことも多々ありますので、お出かけの際はできるだけ早めにイベント会場近くの駐車場を予約してみてくださいね!

おまけ

万が一、お目当ての駐車場がすでに予約されている場合は隣駅や少し離れたところも探してみてください!パークアンドライドを用いると、イベント会場すぐの駐車場より安めで、空いている場合もありますよ♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

田中 大貴

サービス運用

大阪府立大学を卒業後、新卒で「Tポイント」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に入社。事業企画、営業、合弁会社の設立などを幅広く担当。2016年1月にakippaに入社後は営業チーム、運用チーム、ダイナミックプライシングチームのマネージャーを歴任し、現在はサービス運用全般の責任者。奥様の実家で飼っている犬(通称:いぬさん)を溺愛している。

矢野 杏奈

サービス運用

2013年4月に新卒3期生として入社。結婚後ご主人の転勤を機に退職。その後、大阪への帰任をきっかけに2017年10月に復職。現在はダイナミックプライシングなど運用を担当している。
誰もが認めるディズニー好きで、机の上にはディズニーグッズがたくさん。